喘息を治すためのダイエット

世界標準 GLP1.comメディカル肥満外来

糖尿病治療を熟知した専門医が最高学術レベルで、コスパ優で最安値の肥満治療を実践します。日々の新着情報を発信。コスパ最高

 

肥満児では、喘息の約4分の1が肥満と関係していることが発表されました。(Pediatric, 2018年、11月26日、オンライン版。から。)

 

米国では小児の喘息と肥満との関連を検討した報告が発表されました。平均4年間の喘息発症リスクを検討すると、喘息の発症リスクは肥満があると26%上昇したとのことです。なぜ肥満があると喘息を引き起こすのかの機序は不明です。

 

ただ、肥満を改善すれば、喘息の発症を予防できるとすれば、ダイエットの効果として、喘息発症の抑制という効果が期待できるということになります。

 

花粉症のシーズンになると花粉があるだけで、気管支喘息になり、外出できない、運動不足になる、だから肥満になる、という関係は容易に推測できます。喘息があれば、肥満になりやすいというのは、よく知られた事実です。

 

ですが、今回の発表は、肥満があると喘息になりやすい、ということなので話は複雑になります。この論理が成り立つと、肥満を治せば、喘息になりにくいことになります。であれば、花粉症の時期には、ダイエットをすれば気管支喘息も軽減するといえるかもしれません。

 

もし、本当にこの関係が証明されれば、GLP1ダイエットは、花粉症がひどい人にも、お薦めのダイエット法になります。

 

花粉症があると、運動ができない分、血糖が高くなりやすく、糖尿病が悪化する、肥満が悪化することは臨床現場では頻繁に経験することです。ですからあえて、この時期か、この時期が来る前にGLP1ダイエットで減量する臨床を行えば、花粉症も、楽になるかもしれません。

 

f:id:glp1diet:20210301152143j:plain

http://glp1.com

 

素人医療に騙されないで!

世界標準 GLP1.comメディカル肥満外来

糖尿病治療を熟知した専門医が最高学術レベルで、コスパ優で最安値の肥満治療を実践します。日々の新着情報を発信。コスパ最高

 

糖尿病の先端治療薬、SGLT2阻害剤は、すごくよい薬剤です。

 

ただし、baselineのHbA1cが、7%以上でないと効きにくくなります。もともと、HbA1cが7%以上であれば、血糖コントロールも改善し体重も減るという薬剤です。

 

しかし実際、これが6%台になってくると、とたんに血糖コントロールには寄与するけれど、体重は止まる患者さんたちが、増えてきます。

 

機序は単純で、血糖コントロールがよいので、尿糖がでることは、1日約 −400kcal 分のエネルギー排出だけの価値になり、それが、単なる食欲中枢にフィードバックし、ただの「腹が減る薬」にしか、ならないことが、多々、あるからです。

 

SGLT2阻害剤を始めたほうが、体重が増えたという患者さんも少なくはありません。
特にお酒を飲む人は要注意です。喉が渇く分、お酒をおいしく感じてしまうことがよく、あります。

 

ちなみに、昔、懐かしい笑い話があります。

 

SGLT2阻害剤が発売された時、東京で、まっさきに、SGLT2阻害剤(その当時、最初に発売された商品はスーグラという薬剤でした。)を大量に購入したのは、銀座の美容外科医だったと聞いています。

 

1日エネルギーが400キロ排泄される=(イコール) 痩せる、と単純に思い込んだからでしょう。きっと、その医師は後悔したことでしょう。人には、必ず、フィードバック機構がある、ということを、知らなかったためだからです。

 

このようにエネルギー代謝のことを理解していない医師において、GLP1ダイエットの相談をされることはお薦めしません。

 

GLP1について処方経験が多い糖尿病専門医のもとで、GLP1ダイエットを、お受けください。

f:id:glp1diet:20210301150943p:plain

http://glp1.com

 

1週間継続する胃の重たさ と、QOLとの相関

世界標準 GLP1.comメディカル肥満外来

 

最近になり、オゼンピックの脱落例が増えてきています。

 

主たる理由は、「1週間、継続する胃の重たさ」のような感じです。

 

それが、QOL(生活の質)の低下につながるわけです。

 

これは、AE(副作用)とは、言いません。

 

当然、予測されていた主作用だからです。

 

ですが、1週間、継続する胃の重たさは、本当に、その人の生活にとって、楽しいのでしょうか?

 

サクセンダのように、日々、用量をダイヤルで変更して、その日、その日の体調にあわせて、食欲を抑制しているほうが、QOLが高いのではないか、と、私は考えます。

 

「胃の重たさ」を、AE(副作用)だとして、報告していたら、GLP1ダイエットの場合には、きりがありません

 

むしろ、それを利用して、食事量を減らしているわけですから。

 

ですが、「1週間、それに、しばられてしまう、という辛さ」は、どういう作用として表現したらいいのでしょうか? 副作用でしょうか? 主作用でしょうか?

 

オゼンピックの、2.4mgが、抗肥満薬として、臨床試験が行われていると聞いていますが、こういう「継続した事象が治せない」ということの、辛さは、しっかりと、AEとして、把握しているのか、どうか、それが心配でもあります。

 

あまり精神的につらいダイエット法だと、「自殺」を誘発する場合もあるからです。

 

そのため、やはり、当院では、

 

「サクセンダアクセント」、「サクセンダフリーダム」というように、「日々、投与量を変えられるダイエット法のほうが、より、QOLを高めるダイエット法」だろう、

 

そう考えています。

 

f:id:glp1diet:20210304150536j:plain

http://glp1.com

 

 

期待はずれのオゼンピック。

世界標準 GLP1.comメディカル肥満外来

 

オゼンピックを処方していても、全然、体重が減らなかったのでしたが、

 

最近になり、糖尿病外来の患者さんたちが、「運動」を始めました。

 

すると、どんどん、体重がへってきます。

 

これって、当然の話で、

 

オゼンピックは、GLP1製剤ですから、インスリン分泌を増やします。

 

今回の、コロナのように、「運動をしないで、インスリン分泌をふやしていけば、結局、脂肪を分解するどころか、脂肪細胞をふやしていた。」わけなのです。

 

GLP1を、「痩せるホルモン」と、PRしている医師たちは、本当に、「素人」レベルだと思います。オゼンピックを勧めながら「脂肪を分解します」などと宣伝している医師は、ある意味、「嘘」を話をしていたということになるわけです。

 

つまり「臨床の現実」をしらないと、まったく、これまでは「逆効果」の治療をしていたことでしょう。

 

ようやく、コロナがおちつき、「運動」をみなさんが始めた事で、「オゼンピック」は、「多少は、やせるかもしれない薬」にはなってきました。

 

しかし、実際、私の外来で、「オゼンピック」で、減量にできた人数より、減量できなかった人数のほうが、多そうなのは、当初の予測とは、大幅にはずれました。

 

オゼンピックは「痩せるホルモンです」
アメリカで「抗肥満治療として承認されています。」

 

などなど、こうした表現は、すべて「嘘」です。
絶対に、そういう医師たちのいうことは信用しないでおいてください。

f:id:glp1diet:20210304150540j:plainhttp://glp1.com