甘い罠

世界標準 GLP1.comメディカル肥満外来

糖尿病治療を熟知した専門医が最高学術レベルで、コスパ優で最安値の肥満治療を実践します。日々の新着情報を発信。コスパ最高

 

 カナグルという糖尿病の薬(SGLT2阻害薬)があります。血中に含まれるブドウ糖を尿と一緒に体外に排出するという薬です。

 

 この薬を、1日400kcal尿に排泄するダイエット薬として、販売しているサイトを時々見かけます。

 

 この薬は、世界的にも、高血糖を伴う糖尿病患者さんには血糖値を下げて体重減少も見られますが、正常血糖の人が、この薬を服用すると、1日あたり400kclのブドウ糖が尿に排泄されるので、我慢できないほどの空腹感に襲われます。

 

 そして、糖質を含んだお菓子や果物を我慢しきれなくなり、ほぼ体重が増えます。

 

 それだけではありません。すごーく空腹感を感じた時に食べる甘いもの、美味しいはずです。

 

 今まで間食しなかった人が、「スイーツの美味しさに目覚めてしまった」「甘いものがやめられない」なんていう悪習慣までついてしまうことがあります。

 

 本当は痩せたくて、情報を調べて、大切なお金を使ったのに、間食の習慣がついて、体重が増えてしまうなんて。

 

 他の薬やサービスを買わせる罠なのかわかりませんが、そんな悲しい思いをする方が増えないように、真摯に、正しい情報をしっかりと伝えていきたいと思っています。

 

糖尿病療養指導士ナースRI

 

f:id:glp1diet:20211008093606j:plain