低血糖とイライラ

世界標準 GLP1.comメディカル肥満外来

糖尿病治療を熟知した専門医が最高学術レベルで、コスパ優で最安値の肥満治療を実践します。日々の新着情報を発信。コスパ最高

 

 反応性低血糖について・・・

 スイーツが大好きという女性にみられます。胃に入った糖質がすばやく小腸上部から吸収され、急峻型の高血糖カーブを描きます。「食べるとすぐに高血糖になる」のです。

 

 その高血糖に対して、すぐに膵臓のβ細胞からインスリンが分泌され、高血糖を解除して正常血糖にもどそうとします。

 

 そのタイミングがあまりに速いと、食後に過剰に分泌されたインスリンによって、低血糖レベルまで血糖値が低下してしまうのです。

 

 これを「反応性低血糖」と言います。その時に、イライラ感が生まれて切れやすくなってしまうわけです。

 

 GLP1ダイエットでは、胃から小腸への食物の排泄速度をゆっくりにしますから、反応性低血糖が起こりにくくなります。結果として、リラックスした状態になり、血圧も下がります。

 

 実際、男性でも、GLP1ダイエットを行ってから、周囲の人に怒りぽかった性格が治った、部下から見直される上司になったという患者さんもおられました。

 

(糖尿病療養指導士ナースK.Y.)

 

f:id:glp1diet:20210907153357j:plain