謙虚でありつつ自由診療を継続

世界標準 GLP1.comメディカル肥満外来

糖尿病治療を熟知した専門医が最高学術レベルで、コスパ優で最安値の肥満治療を実践します。日々の新着情報を発信。コスパ最高

 「GLP1ダイエット、なに、それ?」という人も多いかもしれませんが、今は、糖尿病専門医として、世界に通用する世界最先端の医療を行おうという「意思」は同じものです。

 

 私の父(鈴木吉蔵)が最後に残した言葉は、「謙虚であれ。虚栄は嫌いだ。」これが、父の遺言でした。

 

 このブログは、おそらく、数百の人たちにしか読まれていないと思いますが、私が抱いている医師像は、常に謙虚で虚栄をはらず「世界で最先端でいること」です。

 

 Googleに広告を大々的にだしていません。それも、そういう信念でだしておりません。普通の美容外科とは、180度発想が異なるかもしれませんですし、あえて美容外科医師とは、真逆のさほど目立たないようにと注意しているつもりです。

 

 自由診療の世界では、完全に異端的な発想かもしれません。確かに、糖尿病治療では、常に最先端を走ってくることができました。4年連続名医ランキングでは、クリニックつまり臨床医として1位でした。とても有り難いことだと思っております。

 

 ただ、今回の「GLP1ダイエット」は、私にとっては、初めての「自由診療としての医師としての評価」が、問われている機会であると考えています。

 

 常に、私のスタンスは「困っている人のためにつくすこと」です。

それは、昔も今も、形こそ違え医師としての思考は変化しておらずぶれてはおりません。

 

f:id:glp1diet:20210506151833j:plain