膵リパーゼ阻害剤は糖尿病の薬にもなる

世界標準 GLP1.comメディカル肥満外来

糖尿病治療を熟知した専門医が最高学術レベルで、コスパ優で最安値の肥満治療を実践します。日々の新着情報を発信。コスパ最高

 膵リパーゼ阻害剤である「オブリーン」が、厚生労働省に申請した時に、糖尿病では、どのくらいHbA1cが低下したのかそれを示した図表が、以前、武田薬品から提供されておりました。それを公開してみたいと思います。

 これをみると、血糖応答性に、HbA1cが下がっているのがわかります。膵リパーゼ阻害剤の低下は、−0.87%です。

 

 そして、注目すべきは、HbA1cが低い糖尿病患者では、尿中にブドウ糖が排出されにくくなるため、肥満傾向になります。それが、膵リパーゼ阻害剤を服用していると太らなくてすむようになっているわけです。

 

 これは、糖尿病の治療においては、すごく大きなメリットなわけです。糖尿病の治療薬としても、膵リパーゼ阻害剤は欲しい薬剤です。

 

f:id:glp1diet:20210518142112j:plain