「糖質制限崇拝」は世界では通用しない

世界標準 GLP1.comメディカル肥満外来

糖尿病治療を熟知した専門医が最高学術レベルで、コスパ優で最安値の肥満治療を実践します。日々の新着情報を発信。コスパ最高

 国際糖尿病学会に参加した時の事です。そこでは、

 

「アジア人は炭水化物という低カロリー食を中心にしているから長寿である」という説明でした。

 

 たまたま、中東のアブダビで開催されたので中東の食生活に触れられました。なんと、中東では、肉は手にはいっても、炭水化物を入手するのは、とても難しく、炭水化物が少ないせいか肥満ばかりの中東アジアの人たちが多かったです。

 

 肉と油中心の食事だけで、いわゆる、日本のファストフードにあたる巷のお店でも、だされる食事は「肉と脂」の食材ばかりでした。

 

 中東では、「肉と脂」ばかりを食べて、炭水化物を食べられないのです。そして現代では、そういう人たちが、肥満になっているわけです。糖尿病も世界でトップで増えています。

 

 中東の肥満の人たちは、炭水化物が少ない食事なので、自然に「糖質がへって肥満になっている」という人たちです。

 

 こうした世界的な事象を考えるだけで、「糖質制限ダイエット」特に、極端に炭水化物を中心にした糖質を減らし、ステーキは食べてもいいなどというダイエットは、完全に間違っているということは誰でもがわかるはずです。

 

f:id:glp1diet:20210428161537j:plain