1週間継続する胃の重たさ と、QOLとの相関

世界標準 GLP1.comメディカル肥満外来

 

最近になり、オゼンピックの脱落例が増えてきています。

 

主たる理由は、「1週間、継続する胃の重たさ」のような感じです。

 

それが、QOL(生活の質)の低下につながるわけです。

 

これは、AE(副作用)とは、言いません。

 

当然、予測されていた主作用だからです。

 

ですが、1週間、継続する胃の重たさは、本当に、その人の生活にとって、楽しいのでしょうか?

 

サクセンダのように、日々、用量をダイヤルで変更して、その日、その日の体調にあわせて、食欲を抑制しているほうが、QOLが高いのではないか、と、私は考えます。

 

「胃の重たさ」を、AE(副作用)だとして、報告していたら、GLP1ダイエットの場合には、きりがありません

 

むしろ、それを利用して、食事量を減らしているわけですから。

 

ですが、「1週間、それに、しばられてしまう、という辛さ」は、どういう作用として表現したらいいのでしょうか? 副作用でしょうか? 主作用でしょうか?

 

オゼンピックの、2.4mgが、抗肥満薬として、臨床試験が行われていると聞いていますが、こういう「継続した事象が治せない」ということの、辛さは、しっかりと、AEとして、把握しているのか、どうか、それが心配でもあります。

 

あまり精神的につらいダイエット法だと、「自殺」を誘発する場合もあるからです。

 

そのため、やはり、当院では、

 

「サクセンダアクセント」、「サクセンダフリーダム」というように、「日々、投与量を変えられるダイエット法のほうが、より、QOLを高めるダイエット法」だろう、

 

そう考えています。

 

f:id:glp1diet:20210304150536j:plain

http://glp1.com