急激な体重減少の善悪!

世界標準 GLP1.comメディカル肥満外来

糖尿病治療を熟知した専門医が最高学術レベルで、コスパ優で最安値の肥満治療を実践します。日々の新着情報を発信。コスパ最高。

体重を急激に落とすことは、徐々に体重を減らした場合に比べて、どうなのかを比較する比較試験が、ヨーク大学(カナダ)のJennifer Kuk氏らの研究で明らかになりました。

 

Absolute Weight Loss, and Not Weight Loss Rate, Is Associated with Better Improvements in Metabolic Health

 

​これまでの研究で、急激な減量は胆石リスクのわずかな上昇と関連することが示されております。なので、一般的に減量率は週当たり0.5~1kg程度とすることが推奨されていました。

 

しかし、徐々に体重を減らすよりも急激に減量した方が、心疾患や糖尿病のリスク因子の低減に有用である可能性も示唆されていました。

 

そこで、Kuk氏らは公的資金による体重管理プログラム(治療期間は12.7カ月)に参加した成人男女1万1,281人を対象に、治療開始早期と期間全体別に、(1)急激に減量した群(週当たり1kg以上)、(2)減量率が推奨範囲内の群(同0.5~0.9kg)、(3)徐々に減量した群(同0.5kg未満)に分けて分析し、その結果を発表しました。

 

結論としては、急激に減量した群では、減量率が推奨範囲内だった群や徐々に減量した群に比べて全体的に減量幅が大きかった(-24.7kg対-13.3kgおよび-5.0kg)。

 

また急激に減量した群では、他の2つの群に比べてウエスト周囲長や血圧が大きく改善し、心疾患や糖尿病のリスク因子の低減に有用であることが示唆されたというものでした。

 

ゆっくり減量より、急激に減量したほうが健康的という内容になります。
ただし、「急激なダイエットに成功する人は、それだけ、モチベーションが高い、はず」という、baselineにおける、メンタルの違いは、データには見えない部分に、あったかもしれません。

f:id:glp1diet:20210120143941j:plain

http://glp1.com