日本でも、抗肥満治療薬の研究は進行中

世界標準 GLP1.comメディカル肥満外来

糖尿病治療を熟知した専門医が最高学術レベルで、コスパ優で最安値の肥満治療を実践します。日々の新着情報を発信。コスパ最高。

 

富山大学の研究グループは、

 

脂肪組織中の特定のマクロファージ(M2マクロファージ)を除去することで、

 

寒冷時の適応として基礎代謝を高めるために起こる脂肪組織の「褐色化(ベージュ化)」が促され、

 

基礎代謝が高まって血糖値が改善することを見出されました。

 

中心となった富山大学大学院医学薬学研究部(医学)内科学講座1の戸邉一之教授は、かつて、東大と慶応グループとで、ミトコンドリア糖尿病の研究をしていた時に、一緒に活動させていただきました。私との論文も共著があります。

 

かつての、仲間だった糖尿病の専門医は、今でも、抗肥満治療の研究仲間でもあります。参考になるのは、以下の論文です。

 

このように、新しい抗肥満治療の研究は、日本でも「糖尿病専門医」を中心に、地道に行われています。美容外科医達は、こうした研究はしていません。

 

Partial depletion of CD206-positive M2-like macrophages induces proliferation of beige progenitors and enhances browning after cold stimulationt(Scientific Reports 2018年10月1日)

 

f:id:glp1diet:20210112113621j:plain

http://glp1.com