肝炎、NASH予防には1週間製剤を毎日、注射

世界標準 GLP1.comメディカル肥満外来

糖尿病治療を熟知した専門医が最高学術レベルで、コスパ優で最安値の肥満治療を実践します。日々の新着情報を発信。コスパ最高。

「iryoo.jp」プラットフォーム経由でお申し込みの方で、継続している方、乗り換えをする方には、4本で8万円、5本で10万円、6本で12万円。(針代込み、税込み、郵送料込み)

 

欧州糖尿病学会からの引用です。

 

NASHについては、以前、解説した事があります。
そのNASHを防ぐためには、1週間製剤のオゼンピックを、毎日、注射するという治療法が検討されています。

 

これも不思議です。なぜ、毎日、注射するなら、サクセンダではいけないのか。サクセンダで、減量ができれば、脂肪肝はとれます。それが、あたかも、オゼンピックを、しかも、毎日、注射することで、GLP1の肝臓に対する何という作用機序が解決されるのかが、不明のままです。

 

オゼンピックは、1週間に1回の、0.5mgでも十分に効果があり、血糖コントロールが改善します。ですが、0.4mgを毎日、注射することは、研究的な側面の意味合いか、あるいは、サクセンダ、つまり、リラグルチドの特許が切れることで、多大な損害が起こることを、製薬メーカーは、阻止して、リラグルチドからセマグルチドへと処方変更をしてほしいのか、の、いずれかの目的でないと、臨床的な価値がみいだせません。

 

サクセンダが、かりに1日40円で注射できる時代になっても、GLP1市場が縮小しないようにと、製薬メーカーは、どんどんと違うデータを示し、市場拡大を狙ってきているようです。

 

それはそれで、製薬メーカーの市場社会での役目でもあります。なお、発表は、ノボノルディスク社の発表で、2020年のMay(5月)です。Harvard大学の研究成果ではありません。

 

そして、この講演者の結論は、「未解決、未回答の問題」が、沢山、あります。まだまだ、検討の余地がある分野です、という結論の講演会でした。

 

f:id:glp1diet:20201124141759j:plain

http://glp1.com